FC2ブログ

工房より愛を込めて・・・

(`・ω・´)と(´・ω・`)を繰り返す情緒不安定なラプラスの日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月15日の工房での活動

今日は、16時半近くに工房へ行く。

申請書は取ってないだろう、と思いつつ創造工房2階のドアを開けると、すでに部員がいた。とりあえず、まだ終わっていなかった製図の課題を終わらせるためにCAD室へ向かう。

・・・
・・・・・・・
・・・|・∀・)・∀・)…

気づいたら21時近くになっていた。
製図を完成させて、今度は報告書に取り掛かるために創造工房に戻る。
そこで、今日の申請書を取ってくれた部員に出会ったので「申請書を取ってくれてありがとう。」と声をかける。

部員たちは6月25日に催される知能ロボットコンテストに出場させるマシンを完成させるために製作活動をしているようだ。途中、工房に置いてあるスポンジボールで遊び始める部員がいる。昨日も(・∀・)モウヤメレ!!と注意したはずだが、あまり懲りていないようだ。
さらには、ノギスを振り回す輩まで出てくる。常識がないのは相変わらずか・・・。

それら一連の非常識な行動を咎めたのはσ(゚∀゚ オレ!! だけである。
彼らを監督する立場であるはずのロボット班の班長は部長にその仕事を任せて、彼自身は何も注意をする気はないどころか、一年と一緒に無駄話に花を咲かせている。

しかも、彼はやるべきこと(ホテルの駐車場の確認)をやるように言ってからもう1週間以上経つというのに、やるのを忘れたなどと言い、いまだにやっていないのである。

ロボットに対する情熱は人一倍あるようだが、4月当初に半ば公約のようにして掲げていた目標(全マシン動かせるようにする)も今となってはほぼ不可能な目標となってしまった。

彼にもやるべきことの確認はするし、
ロボット班の方針についても2時間以上、議論した上での結論である。
彼が有言不実行の男だとは思いたくはないが、このままだと私の信用は下がる一方である。

最後に、今日の申請書を取ってくれた部員は私に申請書を引き継いで帰ったが、私が鍵を返しに行ったときに、警備室の鍵の貸与・返却の確認シートにはもう、鍵は返したことになっていた。私が返しに行った鍵はもう一つの団体が借りた鍵である。本来ならば、一度鍵を返してもう一度、活動をする場合はもう一枚申請書が必要である。
まあ、このような面倒な申請の取り方も今年に入ってからであり、よく説明していなかった私にも責任はあるので、彼を咎める必要はないだろう。

このように、創造工房における活動には多くのルールが存在し、にも関わらず、我がサークルは現在、それをすべて守れる状況ではない。よって、今週の金曜18時30分からサークル会議を開く事とした。
今のような状態を少しでも改善できるように、もう一度、想像工房での活動のルールや良識ある行動について認識を深めてもらうつもりである。

スポンサーサイト
  1. 2005/06/16(木) 01:51:41|
  2. 愚痴(´・ω・`)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dahhaka.blog12.fc2.com/tb.php/7-c9e57150
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。